プロテイン3kgの保管容器には米びつ6kg用がぴったり過ぎた話

こんにちは、はんか です。

今回は、プロテイン3kgを保管するための容器として、アスベル 密閉米びつ パッキン付 6kg を使ってみたので紹介します。

タイトルにもあるとおり、3kgのプロテインを保管するには6kg用の米びつがぴったりでした!

米びつ6kg,プロテイン
プロテイン3kg,米びつ

…が、ちょっと気をつけるポイントなどもあったので、わたしのプロテイン保管計画の体験談をまとめてみました。プロテインの保管方法で悩んでいる方に少しでも役立つ情報となれば嬉しいです。

ちなみに、わたしが飲んでいるプロテインはエクスプロージョンのホエイプロテインです。

エクスプロージョン,国産

エクスプロージョンは安心の国内製造プロテイン(原料は米国産ですが…)で、価格もかなり安いので、個人的に最強のプロテインだと思ってます。プロテイン選びで悩んでいる方はぜひご検討ください。

スポンサーリンク

プロテインに保管容器は必要?

プロテインのパッケージには、ジッパー付きの袋が採用されている製品が多いと思いますが、皆さんはこの袋そのまま使っていますか?

プロテイン袋,ジッパー

エクスプロージョンのホエイプロテインもジッパー付きの袋が使われていますが、このジッパーの溝にプロテインの粉が詰まって、しっかりと閉まらなくなることがあります。

プロテイン,密封

仕方なく袋止めクリップを使っていたのですが、プロテインを飲むたびにクリップを外したり止めたりするのが面倒ですし、しっかりと密封できているかちょっと不安です。

プロテイン,クリップ

高タンパクな「粉もの」は、ダニの大好物らしいので、もしもプロテインの中にダニが侵入して繁殖でもしたら…恐ろしいですよね。

そこでわたしは、プロテインを購入したら、別の保管容器に入れ替えることにしました。

プロテイン1kgは何リットル?

まず、エクスプロージョンのプロテイン1リットルを計量器で計ってみると約421gでした。

プロテイン1リットル,何kg

これをグラムに換算すると、プロテイン1gは1000ml÷421gで約2.38mlとなります。

つまり、

プロテイン1kg=約2.38リットル

ということになります。

プロテインは細かい粉製品なので入れた方によっても体積は変わってきますし、製品によって質量に違いがあるかもしれませんので、厳密には、ご使用のプロテインを実際に計量して体積を確認してみてください。

プロテイン1kgにおすすめの容器

「粉もの」の保管容器を調べてみると、OXO(オクソー)のポップコンテナという商品が人気が高かったので、さっそくプロテイン1kgが収まりそうな2.6リットルのビッグスクエアショートを購入して、3ヶ月くらい使ってみました。

OXO,ポップコンテナ

シンプルで清潔感のあるデザインですし、ワンプッシュで蓋を密封できるのが凄く便利です。

プロテイン容器,おすすめ

実際にエクスプロージョンのプロテインを1kg計って入れてみると、詰め替え直後はかなり容量ギリギリの高さになってしまいますが、トントンと容器を叩けは、粉が詰まって蓋も余裕で閉まります。

プロテイン1kg,何リットル
プロテインを入れた直後。けっこうギリギリです。
プロテイン1kg,おすすめ容器
底部をカウンターでコンコンすると綺麗に収まります。

プロテイン1kg用の保管容器としては、このOXOポップコンテナのビッグスクエアショートサイズはかなりおすすめです。

ちなみにアクセサリーとしてフタの裏に取り付けることができる計量スプーンも購入してみたのですが…

プロテイン,計量スプーン

着脱が地味に面倒で、最近は普通にプロテインにスプーンを差し込んで使っています。これは買わなくても良かったなと少し後悔。

プロテイン3kgは何リットル?

オクソーのポップコンテナは1kgのプロテインを保管するのには最適だと思いますが、ちょっと残念なのは1番大きなサイズでも5.7リットルのビッグスクエアトールまでしかないことです。

エクスプロージョンのプロテインは3kgの商品しか販売されていないので、先程の計量結果どおりにリットル換算するとプロテイン3kgは約7.14Lになるため、ポップコンテナを使う場合は、どうしても何回か詰め替えが必要です。

プロテイン,コスパ最強
大容量だからこそコスパが高いのかもしれません。

この詰め替え作業がちょっと面倒ですし、容器に入りきらないプロテインは製品袋で保管しなければいけないので、やっぱり密封具合が気になります。

プロテイン,袋クリップ

そこで、3kgのプロテインが全て収まる保管容器を探してみることにしました。

米1kgは何リットル?

プロテイン3kgを全て収めるために7.14リットル以上の容器を探してみたところ、ちょうど良さそうだったのが米びつです。

米びつなら大容量の製品もありますし、しっかりと密封できるフタがついているので、大量のプロテインを保管するのにぴったりです。

お米は1合180mlで約150gなので、1gに換算すると180÷150=1.2なので、

お米1g=約1.2ml

お米1kg=約1.2リットル

となります。

プロテイン1kgが約2.38リットルだったので、同じ重さであればプロテインはお米の約2倍の体積があることになります。つまり、プロテイン3kgであればお米6kg用の容器を選べばちょうど良いはずです。

Amazonでお米6kg用の米びつを探してみたところ、ちょうど良さそうだったのがアスベルの 密閉米びつ 6kg です。価格も手頃だったので実際に購入して使ってみることにしました。

米びつ6kg用にプロテイン3kgを入れてみた

アスベルの米びつ6kg用にエクスプロージョンのプロテイン3kgを全て入れてみます。

プロテイン,ダニ予防

パッとみた感じ、本当に全部入るのか不安になりましたが、そこは自分の計算を信じて一気に袋を逆さまにします。

プロテイン,詰め替え

ゆっくりと袋を上に持ち上げると…

プロテイン3kg,米びつ6kg

収まりました。…が、かなりギリギリ。(笑)

スプーンでならすと本当にすり切れいっぱいくらいだったので、10回くらい台所のカウンターの上で米びつの底をトントンと叩くと、1cmくらいの余裕を残して、3kgのプロテインが全て収まってくれました。

プロテイン,密度

今回は一気にプロテインを入れたので、ギリギリ過ぎて少しこぼしてしまいましたが、次回からは半分くらい入れてからトントンして、少し粉を詰めながら入れていったほうが良さそうです。

プロテイン,こぼれる
ギリギリ過ぎて少しこぼしてしまいました。

後から気づいたのですが、アスベルの米びつ6kg用のAmazonの製品ページには容量7リットルと記載されていました。お米6kgなら7.2リットルの計算だったのですが…

本当であればもう少し大きいサイズが良いのですが、なぜか米びつは6kg用より大きいサイズはいきなり10kg用になってしまうので、わたしは入れ方に気をつけながら6kg用を使っていこうと思います。

アスベルの米びつ6kg用の使用感

アスベルの米びつ6kg用の良いところは、キッチン収納にすっぽりと収まるサイズ感です。

アスベル米びつ6kg用の仕様
  • サイズ:幅19.8×奥行30.8×高さ20.1cm
  • 本体重量:0.5kg
  • 素材・材質:ポリプロピレン樹脂
  • 付属品:計量カップ
  • 容量:6kg

高さが約20cmなので、我が家の台所の引き出し収納に綺麗に収まりました。

プロテイン,保管場所
シンク下の引き出しに余裕で収まります。
プロテイン3kg,保管容器
シンク裏の引き出しにもすっぽり収まりました。

開閉部が大きくて、上からプロテインを取り出せるので、こぼす心配もありません。

プロテイン,保管方法

フタのロックは大きなフックでしっかりと固定できますし、縁にゴムパッキンが入っているのでしっかりと密閉されます。

プロテイン容器,フタ
プロテイン,ゴムパッキン

後は耐久性が気になりますが、その辺は使い込んでみないとわかりませんね。

プロテインの保管容器選びのポイント

プロテイン3kgを保管するために、アスベルの米びつ6kg用を使ってみた結果、詰め替えのときに容量がギリギリなので少し気をつける必要がありますが、使い勝手はすごく良いのでとても気に入っています。

ところが後日、同じアスベルの6kg用米びつで、少し高さの低い引き出し用という製品があることを知りました。

高さは低くなっていますが、外寸から体積を計算してみると、わたしが購入した通常の6kg用よりも少し大きそうです。

アスベル米びつ6kg引き出し用の仕様
  • サイズ:幅23×奥行32×高さ17cm
  • 本体重量:0.6kg
  • 素材・材質:ポリプロピレン樹脂
  • 原産国:日本国
  • 容量:6kg

Amazonの製品ページには容量7.8リットルと記載されています。通常版は容量7リットルと記載されていたので、やっぱり引き出し用のほうが少し大きそうです…

こっちのほうが良かったかも!(笑)

プロテインは製品によっても体積は変わってくると思いますし、収納場所の広さによっても適切なサイズは変わってくるので、保管環境を確認してから、少しゆとりのあるサイズを選ぶようにしましょう。

以上、プロテイン3kgの保管容器に米びつ6kg用を使ってみた結果でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

追記

引き出し用も買っちゃいましたw

米びつ6kg引き出し用,プロテイン3kg

エクスプロージョン3kgをドサッとひっくり返して全部入れた状態がこちら

プロテイン3kg,容器

トントンしなくても余裕です。

プロテイン容器

左右に軽く振ればフラットに。こっちの方が詰め替え時にこぼす可能性も低いのでいい感じです。

少しワイドになってしまいますが、保管スペースが問題なければ、こっちのほうがおすすめです。

この記事を書いた人
Hanka

ガジェット紹介や、趣味の写真の話、子育て日記や、日常雑記などを書いています。

ツイッターインスタYouTubeも利用しているので、そちらでもコメントやメッセージなどをいただけると嬉しいです。

\はんか をフォローする/
日常雑記
\ このページをシェアする /
\はんか をフォローする/
はんかのあゆみ
タイトルとURLをコピーしました