【カブトムシの育て方】卵から成虫までの1年間の記録

こんにちは、はんか です。

今回は、カブトムシが卵から幼虫、サナギ、成虫になるまでの飼育記録をまとめてみました。

カブトムシの飼い方

「カブトムシを飼ってみたい」という方や、カブトムシを飼い始めたけどわからない事があるという方に参考にしていただければと思います。

約1年間の記録で、なかなかのボリュームになってしまったので、下の目次の中から気になる項目を選んで読んでいただければと思います。

この記事の内容はYouTubeにも投稿していますので、文字ではなく動画で見たい方はぜひそちらもご参照ください。

スポンサーリンク

カブトムシ飼育を始める前に準備するもの

カブトムシを飼うための準備として、まず必要になるのが虫カゴです。

昆虫ケース
男の子が2人いると虫かごは増え続けますw

カブトムシにおすすめの虫かご

虫カゴにはいろいろなタイプがありますが、うちで使っているのはSANKO(三晃商会)のパーテーションケース大

この虫かごは深さが約24cmで、10cmくらい土を入れても上に十分なゆとりがあるので、カブトムシが土の中や上で活動するスペースをしっかりと確保できます。

カブトムシ,虫かご

また、フタの上にある窓が大きいので、エサの交換もスムーズです。

カブトムシ飼育

さらに、虫かごのスペースを分けることができる仕切り板が付属しているので、オスとメスを同じ虫かごで別々に飼育することができます。

パーテンション,カブトムシ
これが一番のおすすめポイント!

カブトムシのオスとメスをずっと一緒にしてしまうと、ケンカをしたり交尾がうまくいかない可能性があるので、ひとつの虫カゴでオスとメスを分けて飼えるのはすごく便利です。

カブトムシ飼育におすすめの土

我が家で使っているカブトムシの土は、SANKOの育成マットです。

カブトムシ,マット

サラサラとして保湿性もあるマットなので扱いやすいですし、産卵や幼虫の育成用のマットですが、成虫の飼育にも問題なく使えるので、最近は年間を通してこのマットしか使っていません。

カブトムシ用のマットとしては定番商品なので、近所のホームセンターやネットでも手軽に入手できると思います。

カブトムシにおすすめの昆虫ゼリー

昆虫ゼリーにもいろいろな商品がありますが、おすすめはKBファームのプロゼリーです。

カブトムシのエサ

とにかくカブトムシの食べっぷりが良くて、特に産卵期のメスは本当に良く食べます。

おすすめカブトムシゼリー
頭を突っ込んですごい食べっぷりです。

プロゼリーには通常の16gのカップの他に、オスでも角が邪魔にならないようになっている18gのワイドタイプがあります。

プロゼリー,サイズ

食べ盛りの7月は18gで、食欲の落ちていく8月は16gと高いわけても良いと思います。

プロゼリーは高タンパクなので、メスの産卵前後には特におすすめの昆虫ゼリーですよ。

カブトムシにおすすめのエサ皿

カブトムシは夜間に激しく動きまわります。

昆虫ゼリーをそのまま置いておくと、ひっくり返されたり、土にまみれて食べづらくなってしまうので、できるだけ昆虫ゼリー用のエサ皿を用意してあげましょう。木のエサ皿ならカブトムシの足場にもなるので、より自然に近いかたちで食事をすることができます。

おすすめはカマボコ型のエサ皿です。18g用と16g用があるので、使う昆虫ゼリーに合わせて準備しましょう。

切り株タイプのエサ皿も使っていますが、軽い製品だと力の強いカブトムシなら簡単にひっくり返してしまいます。

エサ皿,カブトムシ
切り株のようなエサ皿

カマボコ型のエサ皿は底の面積が広くてひっくり返されることが少ないので、安心してエサを入れておくことができます。ゼリーだけ外されて土だらけになっていることはありますが…

昆虫ゼリー,皿
かまぼこ型。自然の木に近い形で、足場としても良い感じです。

切り株型でも、ゼリー2個用であればある程度重さがあるので、ペアの同居期間であればこちらでも良いと思います。

カブトムシ飼育の転倒予防材

カブトムシはひっくり返るとなかなか自力で元に戻れません。

カブトムシ,ひっくり返る
これで体力を消耗して星になってしまうことも…

フラットなマットの上だと、足をかける場所がないので起き上がることができず、体力を消耗してしまうので、木の枝なとを入れてあげます。

カブトムシ,枝

適当な枝を拾ってきて入れておけばOKですが、探すのが面倒な方は販売もされているので、他のものと一緒に購入してしまっても良いと思います。

カブトムシ飼育の保湿アイテム

カブトムシは乾燥に弱いので、マットが乾いてきたら霧吹きなどで保湿してあげます。

除菌・消臭効果のあるバイオ昆虫保水スプレーなども使ったことがありますが、普通の水道水でも全く問題ないと思います。

水道水を使う場合は、水を入れるスプレーを準備する必要がありますが、カブトムシの飼育ではノズルを下に向けて噴射することがほとんどなので、マルハチ産業のザ・スプレーがおすすめ。

ザ・スプレーは、振り子式ホースによってどんな角度でも使えますし、透明ボトルなので中のホースの状態や水の残量も一目でわかるので、とても使いやすいです。

カブトムシ,加湿
下や上に噴霧したい場合は、このスプレーがマストです。

カブトムシ飼育のコバエ対策

カブトムシを飼育しているとコバエが大量発生して困るという話を聞いたことがありますが、我が家ではコバエが発生したことがないので、今はとくに対策はしていません。

玄関で飼育しているためか、外からコバエが寄ってくることはありませんし、昆虫マットの中から発生すると聞いたことがありますが、SANKOの育成マットを使っていてコバエが発生したことは一度もありません。

一応コバエ取りをセットしたことはありますが、ほとんどコバエが取れず、必要性を感じませんでした。

カブトムシ,コバエ
数日でカブトに叩き落されて土まみれになっていましたW

匂い対策もかねて、ネットをしたこともありますが、エサの取り替えが面倒でやめてしまいました。

コバエシート,カブトムシ
匂い対策や、マットの乾燥対策には良いと思います。

コバエ自体がカブトムシに悪影響を及ぼすわけではないようですが、衛生的にも見た目も悪いので、飼育環境によってはコバエ対策が必要になってくるのだと思います。

カブトムシ飼育の準備手順

まず育成マットを虫かごに入れていきます。

カブトムシ,準備

SANKOの育成マットは発酵熟成されていますが、保管状況によっては再発酵する可能性があるそうなので、マットが熱を持っていないかや、ツンと鼻をつくような発酵臭がしないかを確認します。

カブトムシ,再発酵

カブトムシは乾燥に弱いので、マットは加水しながら入れていきます。

昆虫マット,スプレー

握ると団子ができるくらいの加湿が良いと言われていますが、我が家は湿度の高い北側玄関で飼育しているので、少しマットがしっとりするくらいしか加湿していません。やりすぎるとカビの原因になるので、時期や飼育環境によって調整しましょう。

カブトムシ,湿度

産卵のためにはマットの底部を押し固めたほうが良いそうですが、毎年カブトムシがマットの中を激しく動きまわって結局グチャグチャにされてしまうので、うちでは加圧はせずに、そのまま10cmくらいまでマットを入れています。

開封時の再発酵の有無に関わらず、念のためこの状態で風通しの良い場所に1日放置します。何回かかき混ぜて匂いや熱がないかをもう一度確認してから、虫かごの中央を仕切り板で区切り、両側に昆虫ゼリー皿、昆虫ゼリー、転倒防止材を入れれば準備は完了です。

カブトムシ,2匹

カブトムシのオスとメスを左右の部屋に入れて飼育スタートです。

カブトムシ,ペアリング
7月2日 飼育スタート。この2匹は昨年の幼虫から育ててきたオスとメスです。6月に羽化して前日(7月1日)に土から出てきたばかり。

カブトムシの後食と成熟

カブトムシを飼い始めたら、オスとメスがしっかりと昆虫ゼリーを食べているか確認します。

カブトムシ,後食
7月2日 初めてのエサでしたが、すぐに食べ始めました。

カブトムシが羽化した後に初めてエサを食べることを「後食(こうしょく)」といい、この「後食」から1〜2週間でカブトムシは成熟すると言われていています。

この成熟前にカブトムシのオスとメスを一緒に飼育してしまうと、交尾が失敗してしまうことがあります。

野生のカブトムシや、購入したカブトムシは、ほとんどが「後食」後の成虫なので、飼育開始直後からゼリーを食べると思います。

念のため食事を確認してからしばらくはオスとメスを別々に飼育して、1週間くらい経過してから中央の仕切り板を外しましょう。

カブトムシの交尾と産卵

仕切り板を外すと、数日でカブトムシが交尾する可能性が高いので、3日〜1週間くらいは仕切りを外しておきます。

カブトムシ,交尾
7月9日 仕切りを外して同居スタートです。

1週間経過したら再度仕切り板を入れてオスとメスは別居します。そのまま2匹を一緒にしておくとケンカをしてしまったり、何度も交尾をすると寿命が短くなってしまうらしいので、いきなりの別居は少しかわいそう?ですが仕方ありません。

カブトムシ,メス,出てこない
7月15日 別居。メスは産卵するので少し広いスペースにしてあります。

交尾後数日でメスは産卵のために土に潜ってなかなか出てこなくなります。カブトムシの卵は白くて2mmくらいの大きさなので、土の中を丁寧に探せば見つけることができます。今年は仕切りを外してから11日目に虫かごの端に卵を発見しました。

カブトムシ,卵
7月21日 卵発見。

カブトムシのメスは30個以上の卵を産むと言われていますが、全てが無事に孵化するわけではありません。

さらに孵化したばかりの幼虫はかなり小さいので、潜ってきた成虫に引っ掻かれたり潰されてしまったり、幼虫同士のケンカで死んでしまうこともあるそうです。

うちの飼育環境では、毎年1組のペアから産まれた卵から無事に大きな幼虫まで育ってくれるのは、5匹〜10匹くらいしかいません。

もっとたくさん幼虫を育成したい場合は、卵の段階で別のケースに移してあげると良いらしいです。今年は初めに発見した卵だけ観察用に個別に育成してみることにして、他は例年どおり大きい飼育ケースの中に放置しておきました。

カブトムシ,卵の大きさ
カブトムシ,孵化前
この卵だけは小さいケースで個別に観察していきます。

カブトムシの卵の孵化と一令幼虫

カブトムシの卵は2週間くらいで孵化するといわれています。うちで始めに見つけた卵は発見してから12日目に孵化しました。

カブトムシ,1令
8月2日 卵の孵化 数時間前は卵だったので孵化したばかりだと思います。

卵から孵化したばかりの幼虫は一令幼虫と呼ばれて、体長は数mmしかありません。

カブトムシ,孵化

カブトムシの二令幼虫

一令幼虫はマットを食べて成長していき、1週間くらいで脱皮して二令幼虫になります。

カブトム,2令
8月16日 孵化から2週間目の2令幼虫

脱皮すると頭の大きさが5mmくらいになって、急に大きくなったように感じます。

カブトムシの幼虫が黒いけど大丈夫?

カブトムシの幼虫は真っ白ですが、観察していると時々黒っぽく変色している幼虫がいます。

カブトムシの幼虫,黒い
タイミングによってはかなり黒くて心配しましたが、この幼虫は元気に育っていきました。

小さい時は食べたマットの色で黒っぽく見えることもあるんですが、全体的に真っ黒になって動かなくなった幼虫は残念なが星になっているので土に返してあげしょう。

カブトムシの幼虫,動かない
放置していたケースで発見した星になった幼虫。なぜかマットの上にきて星になっていることが多いです。

カブトムシの三令幼虫

孵化から4週間後。二令幼虫は脱皮して三令幼虫になり、頭の大きさも10mmくらいになります。

カブトムシ,3令

カブトムシの幼虫は脱皮するたびに頭が大きくなっていくので、頭の大きさで一令、二令、三令を見分けることができます。

カブトムシの幼虫,成長

カブトムシの成虫の寿命

カブトムシの成虫の寿命は2ヶ月くらいといわれていますが、ここは飼育環境や個体差によってかなり変わってくると思います。

今年はメスが8月19日、オスが9月8に永眠。だいたい平均寿命くらいは頑張ってくれました。

カブトムシ,寿命
8月19日 メス永眠 寿命が近づくとゼリーもほとんど食べなくなります。
カブトムシのオス,寿命
9月8日 オス永眠 星になったカブトムシはなぜか急に軽くなったように感じます。

寿命が近づくとだんだんゼリーを食べる量が減っていって、うちの場合は毎年お盆を過ぎる頃に星になっていくことが多いです。

カブトムシの幼虫のマット交換

カブトムシの幼虫は大量のフンをするので、放置しておくとマットがフンだらけになってしまうため、定期的にマット交換が必要になります。

マット交換の頻度

マット交換の頻度はマットの量や飼育している幼虫の数によって変わってきますが、うちは2ヶ月に一回を目安にマット交換をしています。

幼虫の数やケースの大きさによってマット交換の頻度も変わってきますが、表面がフンだらけになっていたら交換してあげましょう。

カブトムシ,フン
黒いコロコロしたのは全部フンです。これはちょっと放置し過ぎでした。

今年は個別で観察していた幼虫の他に、大きな飼育ケースには7匹の幼虫がいました。

マット交換をする時は、大きなタライなどがあると便利です。

マット交換の方法

幼虫のフンは上のほうに溜まっていくので、全てのマットを交換するのではなく、住み慣れたマットも半分残してあげます。

まず追加する新しいマットを再発酵対策のため開封して風通しの良い場所に1日放置して加湿してから、5cmくらい入れます。

カブトムシ,マット交換

その上に今まで使っていたマットのフンの少ない部分のみを5cmくらい入れて、幼虫を戻してあげれば、住み慣れたマットの中にすぐに潜っていってくれると思います。

カブトムシ,潜る

フンだらけになってしまったマットでも、アミを使ってフンを取り除いてあげれば再利用できるので、少し手間はかかりますがマット代を節約できます。

カブトムシ,ざる
昆虫マット,再利用

マット交換はいつまでやるべきか

カブトムシの幼虫はすごい勢いでマットを食べ続けますが、冬になると動きが銃くなりフンの量も少なくなります。

カブトムシ,フンの量

そして春になると再び活動的になり、5月〜6月頃になると蛹になるための蛹室(ようしつ)を作るので、その前に最後のマット交換を行います。

うちでは毎年4月に最後のマット交換をして、その後はできるだけ静かに見守るようにしています。

カブトムシのオスとメスの判別

三令虫になってある程度成長すると、オスとメスの判別ができるようになります。幼虫のお腹側の下から2節目の上に、への字のような白い模様があればオスです。

カブトムシの幼虫,オス
写真では少しわかりづらいですが、赤丸のところにへの字マークがあります。
カブトムシ,オスメス判別
メスにはへの字マークがありません。

また、オスの方がメスよりも大きい傾向があるので、その辺もあわせて観察していけば9割以上の確率で判別できると思います。

カブトムシ,性別

カブトムシのサナギの観察用ボトル

カブトムシのサナギを観察したい場合は、最後のマット交換のときに透明ボトルに引っ越しするのがおすすめです。

カブトムシ,ボトル

引っ越しは通常のマット交換と同じで、半分はこれまで飼育していたマットのフンがない部分を入れ、半分は新しいマットを入れます。蛹室を作ることを考えると、マットの深さは最低でも10cmらいは必要です。

幼虫,観察用ボトル

この時も霧吹きで加湿しますが、今までよりも狭いスペースになるので、あまり加湿しすぎるとカビが発生してしまうことがあります。

うちではボトルで幼虫を飼育するときも少しマットが湿る程度にしています。

カブトムシ,サナギ

ボトルへ引っ越した後も、マットの表面がカサカサに乾いていたら霧吹きを吹きかける程度で、この年は1、2週間に一回くらいしか加湿していません。

もう一つ注意点として、幼虫が動き回ったときにマットのかさが増えてボトルの上のスペースがなくなってしまうことがあるので、あまりマットを詰め込まないようにします。

カブトムシ,サナギ観察

幼虫はボトルに引っ越してからも時々マットの上にでてくることがあるので、マットの上には常に3cmくらいのスペースを確保するようにしてあげます。

カブトムシの幼虫,黄色
時々マットの上にでてきますが、すぐに潜っていくと思います。

おすすめの幼虫観察用ボトル

観察用のボトルはベットボトルで自作することもできますが、専用のボトルも販売されています。うちで購入したことがあるのは深さ約18cmの大きいボトルと深さ約13cmの小さいボトルです。

カブトムシ,飼育ボトル

どちらもペットボトルよりもしっかりしていて何年も使えますし、蓋に換気口があったり、開口部が広くて頑丈で扱い安いというメリットもあるので、少しコストはかかりますが数匹だけ観察するのであれば購入しても良いと思います。

蛹室,観察
フタに性別やサナギになった日、羽化した日をメモしておくと良いです。 この時はオスのみ〇印をつけておきました。

2つのボトルの違いは深さと値段です。どちらのボトルも問題なく使えましたが、やはり10cmのマットを入れると小さいボトルでは上のスペースがギリギリになってしまうので、余裕をもって飼育したい場合は値段は少し高くなりますが大きいボトルを選びましょう。

といいつつ、うちではコスト重視で買い足すときは小さいボトルばかり購入していますw

黒い紙でボトルの回りを覆うと、幼虫がサナギになるための蛹室を壁際に作ってくれて、観察しやすいという噂を聞いたので今年から試してみました。

サナギ観察,黒い紙

いつも壁際に蛹室を作ってくれることが多いので、正直どのくらい効果があったのかはわかりませんが、今年もしっかりとサナギを観察することができました。小さいボトルのほうがスペースが限定されているので、サナギを観察できる確率が高いと思います。

カブトムシの蛹室

カブトムシの幼虫がサナギになる瞬間

5月下旬頃になると、ほとんどの幼虫が蛹室をつくりサナギになる準備を始めます。

カブトムシのサナギ,時期
8匹中7匹が蛹室を作ってじっとしていますが…
サナギ,土の上
1匹だけ。卵の頃から個別観察していたオスがいつまでも蛹室をつくらずマットの上で動きません。これはやばい…

蛹室の中の幼虫は、身体が茶色っぽく変色して動きも少なくなっていくので、生きているか心配になるのですが、ボトルを揺らしたりせずに静かに見守りましょう。

幼虫がサナギになる時期

サナギになる時期は飼育環境によっても変わってきますが、うちでは6月の上旬になると幼虫は次々脱皮してサナギになります。

カブトムシ,脱皮

急にモゾモゾすることが増えてきて、横腹?に薄っすらと亀裂が入ってくると脱皮が始まる合図です。

カブトムシ,観察
薄っすらと白く裂けてきているのが合図です。

残念ながら、今年は1匹だけサナギになれず星になってしまいました。星になった幼虫は徐々に真っ黒に変色していきます。

カブトムシ,サナギにならない
メスの幼虫。横腹が裂けてきたので脱皮すると思ったのですが…この翌日には動かなくなり黒く変色していきました。

いつまでもサナギにならずに黒くなってしまった幼虫は、残念ですが土に返してあげましょう。

幼虫がサナギになるのにかかる時間

幼虫がサナギになる時間は10分くらいでした。

カブトムシ,サナギになる瞬間
6月8日 7時15分 急にモゾモゾして横腹に亀裂が入ります。
カブトムシのサナギ,時間
モゾモゾと上手に脱皮してサナギになりました。

なかなかタイミング良く観察するのは難しいですが、脱皮する予兆がみられたら、根気よく見守ってみてください。

トイレットペーパー人工蛹室の作り方

ときどき自分で繭室を作れずにマットの上でサナギになってしまう幼虫もいます。

今年も1匹。やっぱり個別観察していたオスの幼虫はそのままマットの上でサナギになってしまいました。

カブトムシ,土の上でサナギ
角が曲がっていますが、とりあえず無事サナギになれて良かった。

このままでは羽化するときに失敗してしまう可能性があるので人工蛹室を作ってあげます。人工蛹室といっても簡単で、トイレットペーパーの芯をサナギの大きさより少し長いくらいにカットして縦に固定してあげれば完成です。

人工蛹室
しっかり固定しておかないと、サナギは時々モゾモゾ動くので倒れてしまいます。

サナギを人工蛹室に移すときは、急に触れられたサナギがびっくりしてモゾモゾと動きますが、動揺せずに優しく素早く移します。

蛹室,トイレットペーパー
脱皮したばかりのサナギはできれば素手で持たずに、数日してから人口蛹室に移すか、サナギになる前の段階で移してあげましょう。この時は予想以上に早くサナギになってしまい、焦って荒療治になってしまいました。
人工蛹室,観察

カブトムシのサナギが羽化する瞬間

サナギになったカブトムシは3〜4週間で羽化して成虫になると言われています。

カブトムシ,羽化後

これも飼育環境によって変わるので羽化の瞬間を予測するのは難しいですが、やっぱりサナギも幼虫と同じように白っぽい色から徐々に黄色っぽくなり、最終的に脚やツノが黒くなっていきます。

カブトムシ,羽化直後
脱皮直後のサナギ
カブトムシ,羽化の合図
羽化直前のサナギ

羽化前は少し萎んだように小さくなり、時々モゾモゾと動き出すことが増えていくので、後は根気よく観察するしかありません。

羽化にかかる時間は20分くらいでした。

カブトムシ,羽化時間
6月26日 7時20分 モゾモゾと動き出して羽化が始まりました。
カブトムシ,羽化観察
20分後 お腹側が向いてしまったので写真ではわかりづらいですが、しっかりとサナギの殻を全て脱ぎました。

羽化直後のカブトムシは羽根が真っ白でほとんど動きません。

羽化,白いカブトムシ

羽化後数時間で羽根が茶色くなっていきます。

カブトムシ,羽化後の色
羽化後2時間でもう少し茶色くなっています。

翌日には真っ黒になって見た目は立派なカブトムシですが、数日は蛹室の中でじっとしています。

カブトムシ,羽化後,動かない
数日の間に次々と羽化しました。
カブトムシ,角に革
心配していた人口蛹室のオスも無事に羽化。角にまだサナギのなごりがありますがw

今年は7匹のサナギを見守りましたが、1匹だけ羽化できずに星になってしまいました。

サナギ,黒い
このサナギもメスです。今年は無事成虫になれたのはオス5匹、メス1匹でした。

やっぱりサナギ前後の時期が一番デリケートです。

無事に羽化できた6匹のカブトムシは、1週間くらいするとモゾモゾと動き出してマットの上にでてきます。

カブトムシ,羽化後,何日

マットからでてきたら、大きな飼育ケースに移して昆虫ゼリーをセットしておきます。

カブトムシ,大量

初めてエサを食べる後食を確認して、新世代の飼育スタートです。

カブトムシ飼育 まとめ

カブトムシは、幼虫からサナギまではほとんど手をかけなくても育ってくれますし、環境が整っていればサナギもかなり高い確率で羽化してくれると思うので、はじめての方でも比較的簡単に飼育できると思います。

我が家でも、子供たちに喜んでもらおうと思ってカブトムシを飼い始めましたが、幼虫がぐんぐんと大きくなるのを観察たり、一年間見守り続けた幼虫がサナギになって立派なカブトムシに羽化した瞬間は、やっぱりすごく嬉しくて、いつの間にか子供たち以上に大人のほうが夢中になっていました。

幼虫が苦手という方も多いと思いますが、あのゾワゾワ感を家族でギャーギャー騒ぎながら克服していくのも、きっと良い思い出になると思うので、もしカブトムシの飼育に興味があるという方は、ぜひ挑戦してみてください。

以上、我が家のカブトムシ飼育記録の紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
Hanka

ガジェット紹介や、趣味の写真の話、子育て日記や、日常雑記などを書いています。

ツイッターインスタYouTubeも利用しているので、そちらでもコメントやメッセージなどをいただけると嬉しいです。

\はんか をフォローする/
子育て日記
\ このページをシェアする /
\はんか をフォローする/
はんかのあゆみ
タイトルとURLをコピーしました